猫(腸閉塞)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の腸閉塞の原因と症状

腸閉塞は腸の中の内容物が通るたびに障害を起こしているような状態のことをいいます。原因によっては機械性のイレウスと機能性のイレウスに分別可能です。
機械性イレウスの場合には骨折してしまったり、毛糸やラップなどを飲みこんでしまって発症するといわれています。
機能性イレウスの場合には細菌性腸炎から発症するケースやウイルス性腸炎から発症するケースがあります。
腸管の神経麻痺などもあるでしょう。

症状というのは長の動きが妨害されて、まずは嘔吐が起きます。閉塞の具合によっても違っていますが、元気がなくなったり、食欲低下になりますから、すぐに見たらわかると思います。
お腹が痛いと訴えたり、排便も途中でストップしてしまいとにかく、ネコがぐったりと弱っていくのがすぐに見てわかりますから、異変には気が付きやすい病気です。

腸閉塞になった場合には、すぐに元気もなくなり、食欲が無くなります。
もし飼っているネコがあまり食事をしなくなり、ぐったりとしているという場合にはもしかすると腸閉塞かもしれませんから、疑って早めに対処してあげましょう。
何かを誤飲していることによって起きている場合にはなおさら早くとり出さなくてはいけません。