猫(緑内障)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の緑内障の原因と症状

ネコの緑内障についてですが、緑内障といっても種類があります。
急性緑内障と慢性緑内障があります。
急性緑内障の場合には急に眼圧が上がるので、目に充血がひどく怒りますし、本来明るい場所では細くなっているのが正常の瞳孔ですが、それが開いたままになっていて、光がまぶしいと感じる症状もあります。
角膜に浮腫などが現れることもあり、灰色になったりする症状なども見られます。

猫自身はとても強い痛みが現れますから、頭を触られることも嫌がったり、元気が無くなったり、食欲がなくなるなどの症状もあり、緑内障は目の病気ですが、ひどい場合には嘔吐することもあります。
慢性緑内障は少しずつ眼圧が上がることもあれば、急性緑内障が慢性的に発症するケースがあります。

どちらの場合も眼球がどんどん大きくなって角膜の内側にひびが入っているように見えたり、目の奥がとても光って見えるなどの症状が現れます。
どちらのケースでも眼圧が上がり視神経が圧迫されますし、網膜が圧迫されて、場合によっては失明することもあります。
他にも緑内障から、水晶体脱臼になったり、網膜の壊死、白内障を発症することもあります。

緑内障になる原因は眼圧の上昇です。
何か原因があって目房水が上手に排出されないと、眼球内部の眼房水が過剰に目の中にたまってしまって、眼圧が上がるのです。
そして視神経、網膜が圧迫されるなどの症状になり、視力障害が起きてしまいます。