猫(薬による中毒)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の薬による中毒の原因と症状

ネコの薬物による中毒についてここでは考えていきましょう。
ネコは飼い主と一緒に生活をしています。
人間の世界で生活をしていることになりますが、その際に飼い主が普段飲んでいる薬を、間違えて飲んでしまうということもよくあります。
それはなぜなら飼い主が口に入れるものだから大丈夫だと思ってしまうからです。

人間の不注意によって薬を飲んでしまった場合にはネコは中毒症状になります。
勿論意図的にいたずらされてネコに薬を飲まされることもあるでしょう。
ネコは薬に対してとても感受性が高いので、好奇心旺盛なネコなどは薬を間違って飲んでしまいます。
そして中毒に発展することもありますから、注意しなければいけないのです。

中毒を引き起こすものとしては車の不凍液、漂白剤、有機リン剤などによって中毒が起きますし、アスピリン系の薬によって中毒が起きるでしょう。
ネコの中毒は人間の不注意で起きてしまうことが多いですから、普段からそんなことがおきないよう荷注意しなければいけません。

場合によっては中毒だけで済まずに、もしかすると死にいたるケースもありますから早めに対処しなければいけません。
もし薬を誤飲したことがわかったら、すぐに病院にいくようにしましょう。