猫(食べ物の中毒)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の食べ物の中毒の原因と症状

ネコが中毒になる際には食中毒になるケースがとても多いです。
食中毒は原因菌に感染することで発症しますが、例えばサルモネラ菌、ブドウ菌、ボツリヌス菌、病原性大腸菌といった感染によって食中毒が引き起こされます。
体の中に潜伏している期間があり、だいたい口にしてから2時間から20時間とされていますから、食べてから1日経たない間に何かしら症状が現れてくることは間違いありません。
食中毒を起こしたネコは当たり前ですが元気がなくなりますし、おなかが痛いのか、背中を丸めていることもあります。

熱が出ていることもあれば、逆に平熱以下で体温が下がって冷たくなっていることもあります。
腹痛、下痢や嘔吐の症状も現れてくるでしょう。
軽症ならこの程度で済みますが、重症の場合には脱水症状になる可能性もあり、放っておくと死に至るケースもありますから注意が必要です。
腐りやすい食べ物は早めに片付けること、夏場の水にも注意しましょう。

中毒の症状は吐き気、食欲が無い、よだれ、めやに、鼻水などがあります。
他の病気の諸症状にも似ているので、食中毒なのか他の病気なのかちょっとわからないかもしれませんが見分けることが飼い主に求められています。

特に梅雨の時期には注意してあげなければいけません。