猫(甲状腺機能亢進症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の甲状腺機能亢進症の原因と症状

甲状腺機能亢進症という病気があります。
これは動きが活発になって、食欲が増してしまったり元気になるといった症状が見られますが、病気とは気が付かないことが多いです。
病気とは思えず活発になって元気だと錯覚してしまったり落ち着きが無い、攻撃的な性格になってしまうこともあります。
食事はたくさん食べるのに体重が減ってしまい、毛のつやもなくなりますし、水を大量に飲んだり、尿の量が増えるのも特徴です。
また嘔吐や下痢を繰り返すネコもあります。
病気が進行すれば逆に食欲も収まり低下していきます。

8歳以上のネコや高齢のネコに発症することが多いのが特徴です。
心臓病や臓器に影響を与える可能性があります。
なぜ甲状腺機能亢進症にかかってしまうのか、その原因は甲状腺の線種様過形成が、片側か両側で起きている結果、甲状腺ホルモンの過剰分泌が原因とされています。
なで過形成が起きているのか、その原因はわからないのが特徴です。
場合によっては甲状腺がんが原因で起きているというケースもあります。

症状が元気なようにも見えますからすぐに発見することが出来ないこともあり、発見が遅れてしまうケースもありますから飼い主はネコの様子がおかしいと思ったら早めに病院に連れて行きましょう。