猫(エキノコックス)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のエキノコックスの原因と症状

ネコのエキノコックス症はネコがエキノコックスという寄生虫に感染して発症してしまう病気です。
この病気になったネコは便と一緒にエキノコックスの虫の卵を排泄します。
もしこの虫の卵を何かの拍子で口にしてしまった場合には、ネコだけでなく人間もエキノコックスに感染するので注意が必要です。
もし人間が感染した場合にはどうなるのかというと、エキノコックスの幼虫が肝臓などの臓器に入っていき、だいたい5年から20年ほど潜伏期間を経て、そして重篤な肝機能障害を発症したり、神経系、呼吸器系に病気が現れたりしますし、放置は死にいたります。

エキノコックスに感染したらネコの世話をする際にはしっかりと手を洗ったりしてネコから人への感染を防ぐ必要があります。
下痢程度で他には特に目立った症状が無いために、どうしても飼い主が気が付かないことがあります。
ですからかなり注意しなければいけません。
エキノコックスという寄生虫に感染することでおきてしまう感染病です。
原因はですからこのエキノコックスという寄生虫にありますが、感染しないようにすることが予防策であり、感染してしまった場合には良く気が付かないこともありますが、人間の感染を予防しなければいけません。