猫(横隔膜ヘルニア)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の横隔膜ヘルニアの原因と症状

ネコの横隔膜ヘルニアは症状画色々です。その原因やヘルニアのサイズによっても症状は違っているのです。

入り込んでいる臓器の種類、程度などによってもその症状は違っています。

ネコのほとんどが無症状であるとも言われていますが、他にも呼吸が浅くて苦しいという症状が見られることもありますし、元気が無くてなんとなくうずくまっているネコもいますから色々です。

循環器系の症状が現れるのが多いでしょう。

また、食欲不振になったり、嘔吐や下痢を繰り返したり、腹痛を起こすなどの症状画見られることもあります。

肝臓が胸部に入り込んでしまったという場合には肝障害を起こして神経系の症状が発症するという猫もあります。

横隔膜ヘルニアはそれぞれの原因や状態によっても種類が違います。

外傷性横隔膜ヘルニアは自己などが原因で横隔膜が裂けたために起こります。

腹膜心膜横隔膜ヘルニアは先天性の病気で、心臓を包んでいる心膜が腹膜と合体しています。

他にも食道裂孔ヘルニアもありますが、これは横隔膜の中で食道が通っている場所に以上があるという症状です。

このように、随分ネコの原因によっても横隔膜ヘルニアの症状は違っていますから、それぞれに見た目にも違うのです。

【オススメ】
和歌山でエレクトーンの処分に困ったら、エレクトーン処分 和歌山にお任せ下さい。

どんなエレクトーンでも短時間で処分可能です。