猫(アミロイドーシス)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のアミロイドーシスの原因と症状

アミロイドーシスは腎臓機能障害が原因で起きる病気です。
ですから水をたくさん飲んだり、おしっこの量が増えるといった症状が主な症状です。
それ以外にも元気が無くなってしまう、慢性腎不全の症状なども現れます。
浮腫や腹水などの症状も伴うネコもいます。
膵臓や肝臓にアミロイドが沈着してしまったという場合には膵臓の機能障害が現れてしまって、消化不良、下痢、それに伴って脱水症状なども現れるでしょう。

ネコによってはごく稀にではありますが、糖尿病になるケースもあります。
肝臓機能が障害を持つことで低たんぱく血症、出血などの症状も現れます。
なぜこのような病気になるのかというと、アミロイドーシスはアミロイドという異常なたんぱく質が色々な臓器、組織の細胞に沈着して発症してしまうのです。

アミロイドがなぜ発生するのかというと、先天性野場合もあれば慢性的に感染症などが原因で発症することもあります。
特似何も病気を抱えていないネコでも急にアミロイドーシスを発症することもありますから、原因はこれといってはっきりとはわかっていないのが現状です。
シャムネコ、オリエンタルショートヘアなどに発症しやすい病気です。
遺伝しやすく家族性の病気といわれています。