猫(瓜実条虫症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の瓜実条虫症の原因と症状

ネコの病気の一つに瓜実条虫症と呼ばれる病気があります。
これは瓜実条虫という虫が猫の体野中に入って寄生したことによって発症します。
主な症状としては下痢などがあります。
瓜実条虫というのは通常ノミを介してネコに寄生しています。

ネコだけでなく、感染するのは人にも移ってしまいますから注意が必要です。ネコからの直接の人間への感染というのはありませんがネコにいたノミを介して人間にも感染してしまうことがあるのです。
人は床に落ちているノミ、ノミが混じっている埃などを誤って口に入れてしまったりすると感染しますから、小さいお子さんが一緒に暮らしているという場合には注意が必要です。

感染したとしても便が少し柔らかい、においが普段よりきつい程度でそれ以外には症状はありません。
ですが多数の瓜実条虫に感染していると下痢の症状も現れてきます。
そして少ししたら便の中に虫の一部が一緒に出てきます。ウリの形をしていて活発に動いていますから、便にうじがたかっているように見えてしまいますが、実はこれは寄生虫なのです。
ゴマみたいに見えるので、飼い主はもし便を見ておかしいと思ったら瓜実条虫に感染しているのではないかと疑ったほうがいいでしょう。