猫(クリプトコッカス症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のクリプトコッカス症の原因と症状

ネコのクルプトコッカス症についてここでは考えて生きたいと思います。
クルプトコッカス症にかかると色々な症状が現れるのですが、例えばくしゃみ、他にも粘液膿性の鼻水が出たり血が混じっている鼻水が出たりしていきます。

また元気もだんだん無くなっていきますし、食欲がだんだん無くなっていくこともあります。
以前はあまり見られないというネコが多いのですが突然いびきをかくようになったというケースもあります。
顔や頭肉球にしこりが出来始めるというのもクリプトコッカスの症状です。

穴が開いてきてその中から膿が出たりして悪化した場合には皮膚の症状に発展することもあります。
もしクリプトコッカスが中枢神経に感染してしまうと、その部分は痙攣したり運動失調になったりといった神経症状も現れてくることもあります。
場合によっては中枢神経を介して目の組織に感染してしまうと失明の恐れもありますから注意が必要です。

原因ははとが媒介している真菌を吸い込んだことで発症するといわれています。
ハトがよくいる場所などにネコがよく行くという場合にはその場所で感染してしまうこともあります空注意が必要です。
最初は軽症でもだんだん重症化することもあるのではやめの対処が必要な病気です。