猫(急性腎不全)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の急性腎不全の原因と症状

ネコの急性腎不全は腎臓の動きが急に低下して、食欲は無くなってしまいます。
次第嘔吐したりします。
腎臓に何らかの問題があるために発症するというケースもあれば、心筋症や心不全が原因の場合もありますし、猫下部尿路疾患などが原因で起きることもあります。

食欲が低下したり元気が無くなったり、おしっこの量がかなり減ってしまうというケースが見られます。
また尿がまったくでないということもありますし、頻繁に吐いてしまいます。
このような症状画急激に現れたという場合には急性腎不全を疑ったほうがいいでしょう。
症状は急に悪化して治療が手遅れになれば脱水症状になってしまいます。
そして口臭はアンモニア臭がしてきますし、嘔吐がひどいケースでは痙攣を伴ったり体温が低下したり、こん睡状態になるというようなケースもありますから色々です。

場合によっては命にかかわることもありますので注意しましょう。
腎臓疾患以外にも原因は色々とあります。
重度の貧血になってしまったことが原因であったり、尿路閉塞、心筋症など色々な原因があります。
大きく分ければ発症の仕組みは人生腎不全、腎前性腎不全、腎後性腎不全の三つに分けることができます。
原因によっては色々ですから治療法も異なります。