猫(心筋症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の心筋症の原因と症状

猫の心筋症についてここでは考えていきます。
心筋症とは心臓の筋肉の厚みに異常が出る病気です。
筋肉が分厚くなることもあれば薄くなることもあります。
心筋症になった場合に猫の初期症状はほとんど無いのですが、あえて言うのであれば元気がなくなったり食欲がなくなったりする程度です。
症状画悪化するにつれてぐったりとしてきたり、うずくまったりして動かなくなりますから運動量も低下します。

肺水腫、胸水などが原因で咳が出たり呼吸困難になるというケースもあります。
心筋症は心臓内の血栓が出来やすい状態になってその血栓が心臓から流れてくる動脈に流れて、後ろ足の血管が詰まってしまうという症状もあります。
ですから足の先が麻痺してしまうこともあるのです。

この心筋症の原因はわからないとされていますが拡張型心筋症と呼ばれる種類についてはタウリンが欠乏しているのではないかといわれています。
心筋症といっても種類がいくつかありますが一番多いのは心臓の筋肉が分厚くなる症状の肥大型心筋症といわれています。

タウリンが足らないという場合には栄養を考えたキャットフードを与えれば発症を減らすことが出来ますし、今は栄養バランスのよい食事が増えているので発症もそれほど目立っていませんが肥大型の心筋症の発症はまだまだあるのが現状です。