猫(トキソプラズマ症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のトキソプラズマ症の原因と症状

猫のトキソプラズマ症についてですが、これはトキソプラズマと呼ばれる寄生虫が感染してしまって発生する病気です。
猫だけでなく、人間や他の動物にも感染することがありますから気をつける必要があります。

人間の場合、妊娠している女性が最初にトキソプラズマに感染してしまうと赤ちゃんに影響が出ることもあるのです。
トキソプラズマに猫が感染してしまった場合には最初はただの下痢で終わると思います。
それ以後は特に異常は見られません。

ですが小さい猫が感染してしまった場合、また、猫エイズにかかっている猫などがウイルスに感染した場合には、免疫力がそれでなくても低下していますからその場合症状画ひどいでしょう。

例えば食欲がなくなってしまったり、嘔吐や下痢の症状が画現れたり、血便や黄疸などの症状が表れます。
熱が出たり呼吸困難になるなどの症状も現れますから注意しましょう。

運動不足になり中枢神経の症状なども現れます。
猫も人も妊娠中に初めてトキソプラズマに感染すると流産してしまったり、生まれた猫や子供に障害が出ることもありますから注意しましょう。

妊娠中の人が猫を買う際には十分に注意しなければいけないのは、このトキソプラズマへの感染があるからです。

≪PR≫
猫がトキソプラズマ症になってしまったら、自分の身の回りの整理に時間が取れなくなってしまいますよね。
そんな時には宮崎 仏壇処分といったサービスを活用してみて下さい。