猫(フィラリア症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のフィラリア症の原因と症状

猫のフィラリアについてここでは考えていきましょう。
フィラリアはフィラリアという名前の寄生虫が心臓に寄生するために発祥してしまいます。
名前から聞くと犬がかかりやすい病気だと思っている人もいるのですが、犬だけではありません。猫も発症することがあります。
猫が寄生した場合にはほとんど症状という症状画見られないこともあるのですが、喘息みたいな辛い咳の症状が出たり、呼吸困難などの症状が見られることもあります。
猫によっては命を落とすこともあり、突然死するというケースもありますからかなり怖い病気です。
猫は犬に比べるとフィラリアにかかることが少ないので診断が難しいといわれていますが、予防すること画大切です。
フィラリアにかかった場合には、フィラリアが肺動脈に到達するまでに3ヶ月から4ヶ月時間があります。

それまでの症状としては咳が止まらない、呼吸が困難になるといった症状がありますし、吐いたり下痢の症状などもあります。
慢性になると食欲低下や寝ていることが多くなるという症状もありますし、体重もだんだん減ってきますから、明らかに体調不良であることは飼い主の目にもわかると思います。
しかし目立った症状があまり現れない猫も中に這います。