猫(ヘモバルトネラ症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のヘモバルトネラ症の原因と症状

猫のへもバルトネラ症についてここでは考えていきますが、これは猫の伝染性貧血のことを言います。
ヘモバツロネラフェリスという赤血球の表面に寄生している病原体に感染したことが原因で貧血になる病気です。
貧血になれば、猫は次第に食欲もなくなってしまいますし、歯茎の色も白くなっていきます。

ヘモバルトネラ症にかかると貧血を起こすのが主な症状です。
その程度により目立った症状画まったくでない猫もいますし、食欲がなくなって元気もなくなるという猫もいます。
次第に動きたがらなくなったり、息が荒くなったり、熱が出る猫もいます。
猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルスなど、免疫力が下がるようなウイルスに感染している猫は貧血はかなり重度になって、場合によっては命を落としてしまうケースもあります。

ヘモバルトネラ症は、ヘモバルトネラフェリスという病原体に感染すると発症しますが、マイコプラズマの種類のひとつで赤血球の表面に寄生しています。
ですから発症すると赤血球の異常があったり、異物として認識してしまいますから、赤血球が破壊されて貧血が起きてしまうのです。
猫同士のケンカなどでも、感染しやすいといわれているので注意が必要です。