猫(便秘)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の便秘の原因と症状

ネコの便秘についてですが、発症しやすいのは特に年老いたネコです。
年老いたネコは運動能力が年々落ちてしまいますから、腸の働きもどうしても低下する傾向にあります。
これはネコに限ったことではありませんが、どんな動物でも運動力が低下してしまうもtのです。
そしてそれは便秘につながることがあります。
元気な若いネコであっても、排便するときに苦しい様子が見られた場合には便秘にかかっていると思いましょう。
それ以外には大腸炎も考えられますし下痢をおこしていないかチェックします。

もし硬くて黒い便が出ているという場合には病気が原因になって便秘を引き起こしていることになりますし、やわらかくて粘り気のある便の場合には血液が混じっていることが多く、その場合は大腸炎になっているのかもしれません。

ネコというのは毛づくろいをしますが、そのときに、口から、その毛が体の中に入ってしまって、それが腸で詰まることが原因で便秘になることもあります。
ですから様子を常に見ることは大切で、もしネコの様子がおかしいと思ったり何か苦しんでいるように見えた場合には、早めに対処してあげましょう。
人間と同じで便秘だと食欲が低下して元気が無くなることもあります。