猫(日光皮膚炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の日光皮膚炎の原因と症状

猫の日光皮膚炎についてここでは考えていきましょう。日光皮膚炎というのは紫外線が原因で発症してしまいます。
強い紫外線を受けて耳の先などの毛がもともと薄い部分、色素が薄い部分の皮膚が赤くなったり、毛が抜けてしまったりする皮膚病です。
日光皮膚炎は白い色の色素の薄い毛の猫や強い紫外線を浴びることが頻繁にある猫が発症しやすいといわれています。
猫の年齢などは一切関係なく発症してしまうのですが、年齢を重ねている猫の場合には紫外線が常に浴びている状態に近いことから皮膚炎を起こしている部分がガンになることもあります。

日光皮膚炎に鳴ると耳の形がぎざぎざ着にあってしまって変形することもありますし、その部分が黒くかさぶたが出来ているように見えることもあります。
患部は健康な部分より、紫外線にさらされることが多いですから、長時間紫外線を浴びれば、ガンになることもあります。

この日光皮膚炎の原因は日光の中に含まれている紫外線を浴びたことが原因です。
繰り返し紫外線に当たることで発症しますから、日ごろから紫外線に当たるような猫は発症しやすいので気をつけたほうがいいでしょう。
外で猫を放し飼いにしているという場合には紫外線をたっぷりと浴びていて発症するリスクが高くなります。