猫(猫クラミジア感染症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の猫クラミジア感染症の原因と症状

猫のクラミジア感染症はカリシウィリスが原因で猫カリシウィルス感染症、ヘルペスウィルスによって猫ウイルス性鼻炎器官炎とおなじで猫風邪とも言われています。
猫カリシウィリス感染症みたいにそれほど一般的に知られていることではないのですが、一般的には猫風邪という症状、そして結膜炎の症状をあわせてその半分以上に猫クラミジアが検査によって出るとも言われているので、とても猫が感染しやすい感染症のひとつです。

なぜ猫クラミジア感染症にかかるのか、これはクラミジアの細菌感染が原因です。
人間にもクラミジアの感染症はありますが、人間とは違った種類です。
この細菌を持っている分泌物から直接感染してしまったり、接触したことが原因で感染したり、飛まつ感染をする事もあります。
人間に感染する可能性もあるとは言われていますが、猫から人間への感染はとても稀なケースです。

重度の結膜炎にかかることが主な症状です。
粘り気のある黄緑色の目やにが猫の目についているのが特徴です。
涙を流していたり、くしゃみがとまらない、鼻水が出る、咳が出るなどの症状もありますし、猫風邪などのほかの感染症にとても浴似た症状ですからすぐに診断が付きにくいのが特徴です。

また他の感染症と合併していることもありますし、子猫がもし感染したら肺炎などで死亡に繋がることもありますから注意しましょう。