猫(クリプトスプリジウム)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のクリプトスプリジウムの原因と症状

猫の感染症のひとつ、クリプトスポイリジウムについてここでは紹介したいと思います。
この病気は猫と他の動物、人間も感染する虫が原因で起きる病気です。
例えば爬虫類や鳥類、哺乳類が感染する原虫です。
感染しやすい動物の中でも、特に犬や猫は抵抗力があるといわれているので、感染してもクリプトスポリジウムによる症状が表にはあまり出ないのが特徴です。
オオシストが口に入って腸の中で増えてしまって、便の中に出ることもあるのですが、猫のほとんどは無症状のままであることのほうが多いです。

人間は免疫抑制患者がかかりやすく、例えばエイズ患者で慢性の下痢が続いているという場合に日和見感染病原体と考えられています。
猫から人間にクリプトスポリジウムが感染するのかという点ではそれははっきりとは報告されていませんし、そのような例があったとも報告はありませんが、猫から人間が無くても子牛から人間に感染したという例は過去にあるといわれています。

クリプトスポリジウムは猫はほとんど問題なく発症して、無症状ですからそれほど大変なことは無いのですが、人間に感染した場合には若干注意しなければいけませんし、他の動物にも感染する可能性は十分にありますから対処をしていく必要はあるのではないでしょうか。