猫(腸重積)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の腸重積の原因と症状

ネコの病気の一つ腸重積についてですが、猫というのは普段から草を食べたりして嘔吐したりしますから、嘔吐というのは日常的に起きていることなので、それほど心配しない飼い主は多いです。
追うとしていてもそれほど心配せず放置している人は多いですが、嘔吐、食欲不振はもしかすると病気の表れかもしれないので注意が必要です。
どんな病気なのかというと、腸重積かもしれないのです。

これは腸の管野中に連なっている腸管が、反対になってはまり込んでしまって、外と中の重曹している腸の状態によって、普通だったら食べたものなどがスムーズに通るはずなのに、通らなくなってしまうという症状なのです。
これは大腸炎や下痢が続いてしまったことが原因であることもありますし、寄生虫に観戦してしまった場合にも発症する可能性が高いといわれています。

肛門の腸に向かってはまるのですが、反対にはまることもあります。
どこの部分の腸でも発症しやすく、腸の通貨障害によってお腹に激痛が走りますし、ネコはお腹をかばって倒れこむでしょう。
そして水分すら飲めなくなり脱水症状になります。
便をするようなし草をするのですが、結局は、便が出ないことが多く、水のような便をします。