猫(胃捻転)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の胃捻転の原因と症状

ネコの胃腸の病気の一つに、胃捻転がありますが、これはもし発症してしまったら、すぐにでも治療をしなければいけません。
緊急を要しますからすぐに病院へ連れて行く必要があります。
胃捻転というのは胃がねじれる病気で、食べ物、水分などを口から摂取しても、胃がねじれているために、動かず、お腹にガスがどんどんたまり、腹痛が起きることがあります。
その腹痛はただの腹痛ではなく激痛のことが多く、ネコは苦しくて元気がすぐに無くなります。
胃捻転の症状は脱水症状になりやすいですから、気をつけてあげなければいけません。
ネコの様子を見て、腹痛があるようだったり、急にお腹が膨らんできたという場合には、注意しましょう。

胃捻転の症状の具合にも寄るのですが、胃の入り口の噴門と、出口の幽門が閉じてしまったことで、食事をしてからだいたい1時間から4時間後に胃の中で胃液とガスが充満してしまって、お腹がありえないくらいに膨らんできます。
ネコは吐こうとするのですが、吐けない状態が長く続いてしまって、呼吸がかなり荒くなるのが特徴です。

口の中の粘膜を見てみると真っ白になっていて、普通は赤なのに白くなるのが特徴です。
脈圧もかなり低下して、場合によってはショック症状になることもあります。
放っておくと数時間もしないうちに死亡しますから、緊急を要するのです。