猫(脳炎・脊髄炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の脳炎・脊髄炎の原因と症状

ネコの病気の一つ脳炎と脊髄炎についてですが、ウイルスや細菌・真菌が原因になって脳に炎症が起きたことを言います。脊髄に炎症が起きることもあります。

脳や脊髄の組織が、この炎症によって破壊されてしまった場合には、熱が出たり、発疹が現れてしまったり、痙攣や場合によっては麻痺などの症状が起こる事があります。
脳炎や脊髄炎になる原因は、伝染性の腹膜炎が原因になっていることや、ネコのエイズ、免疫不全症が原因になっていることもありますし、クリプトコッカス症、トキソプラズマ症、フィラリア症などが原因になって脳に炎症をきたしたり、脊髄に炎症を起こしてしまうことがあります。

ネコが急にぐったりとしてきた、体調が良くないように見える、食欲不振などの症状が現れている場合には注意が必要です。
飼い主がすぐに脳炎かどうか見てわかるということもありませんから、おかしいなと思ったら、早めに病院へ連れて行くようにすることが大切です。

原因は細菌や真菌、ウイルスなので、予防することも出来ず、知らない間に炎症が起きていることのほうが多いでしょう。
ですから体調の変化や特に発熱などが見受けられる場合には早めに対処していくようにしましょう。