猫(肝性脳症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の肝性脳症の原因と症状

ネコの病気の一つ肝性脳症についてですが、本来ならば、食べ物を口から体内に入れて商家をする際に出る有害物質やアンモニアというのは体の肝臓で分解されて、体に害のないものに変わるのが普通です。
しかし肝臓の働きが正常に働かない場合や、異常がある場合、先天的な血管の病気が起きている場合などは、体の肝臓でアンモニアがきちんと分解されません。
分解されないアンモニアがそのまま体の中に運ばれてしまって、その後、脳にまでたどりついてしまいます。

脳にアンモニアがたどり着いたらどうなる課といえば、脳の意識障害が起きたり、神経の症状が現れてくることがあります。
そうなってしまうと場合によってはネコの脳が麻痺してしまって、体も動かせないような状態になってしまいます。

他にも脳に入り込むだけ出なく体のほかの部分にも血液中に混じったアンモニアがめぐることで他の症状なども現れてきますから注意が必要なのです。
脳に入り込むことで異常を引き起こす原因にもなりますから、肝臓で毒物が分解されないことはとても怖いことです。

ネコの異変には注意しましょう。例えばよだれをたらして痙攣を起こすことが良くあります。
そのような症状になったら早めに病院へ連れて行きましょう。