猫(脂肪肝)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の脂肪肝の原因と症状

人間でも脂肪肝はありますが、猫にもあります。
健康な猫の場合には体の中の脂肪組織や、食べ物からとった脂肪と言うのは肝臓の中で脂肪酸が循環しますから、この循環にはとてもバランスが大切だといわれています。
猫にエサを沢山与えすぎてしまえば、この摂取と肝臓での消費のバランスが崩れてしまいますから、肝細胞に、余分な脂肪がどんどんたまっていきます。

人間も食べ過ぎると太りますが、猫も同じなのです。
肥満の猫は何かがきっかけとなり、4日から5日程度、絶食状態が続いた場合には、すぐに黄疸が出てしまいます。
最悪の場合には死にいたることもあります。これは脂肪肝の肝リピドーシスと呼ばれている症状です。肝臓が弱ってしまっても、自己免疫力が高ければ自然に消費のバランスをとることが出来ますが、免疫力も下がっている場合、特に肥満の猫の場合には突然食事を食べなくなり、そしてその状態が5日続いた後に死んでしまったというケースもとても多いと言われていますから十分に注意したほうがいいでしょう。

太った猫がかかりやすい病気の一つでもあります。
原因は人間によるエサの与えすぎや運動不足など色々と上げられます。生活習慣や食生活習慣が原因と言ってもいいでしょう。