猫(水痘症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の水痘症の原因と症状

ネコの水痘症は犬に比べるとそれほど発症率は高くはありません。
子猫の頭の大きさが異常に大きかったり、頭の頭蓋骨が開いていたりするという場合には、これは水痘症かもしれないと疑うことがあります。

症状はネコによっても違いますが、失明して目が見えなくなってしまう猫もいますし、突然興奮してしまうという症状もあります。
一定の円を描いて、くるくると回っていたり、壁に頭を押し付けてしまって離れないネコも出てくるでしょう。場合によっては痙攣や発作画おきてしまいます。

これは脳の脊髄液が流れなくなっていて大脳が圧迫されることによって起きている症状の一つとされています。
先天性の水痘症の場合の原因はお腹の中にいるときに、何か損傷が起きていることがきかけでおきることが多いですが、シャムネコの種類では、染色体異常の遺伝的な原因であることもあります。
後天的な水痘症は伝染性腹膜炎のウイルスに感染してしまったことが原因で、その感染から、他にウイルスにかかったり、併発したりしておきることもあります。
それ以外には腫瘍が出来てしまった、交通事故によって頭部に傷を受けてしまったことが原因になりネコの水痘症は起きることがあるとされています。