猫(扁平上皮癌)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の扁平上皮癌の原因と症状

扁平上皮癌はネコの中でも、特に、中高年以上のネコが発症しやすい病気です。
皮膚の粘膜を作っている扁平上皮細胞に腫瘍が出来たために発症します。
ですから発生箇所というのは皮膚の上ということになりますが、全身の皮膚というわけでもなく、目、耳、口、鼻といった粘膜部分にも発症してしまうのが特長です。

ネコは顔に出来ることがとても多いので、体にできるというよりは、口や目、鼻などの顔に出来やすいのが特徴です。
扁平上皮癌にかかってしまうと、発症箇所の皮膚は眼で見てわかるようなくらいに荒れてしまいます。
そして触ってみると小さいしこりが出来ているのに気が付きます。
最初はその程度だったのに対して、症状がどんどん悪化していくと、潰瘍が大きくなります。

その後、患部から膿が出てきたり、悪臭がするようになるというのも特徴です。
発症している部分の機能にも影響が出てしまい、目に出来た場合には失明するなどの影響も考えられます。

この病気の原因の一番は紫外線によるもので、その次に多い原因は炎症が出来たことで発症するということです。
他にもエイズにかかっている場合に、免疫力が下がっていて、病気を患っているときに扁平上皮癌が起きてしまうということもあります。