猫(骨髄性腫瘍)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の骨髄性腫瘍の原因と症状

ネコの骨髄性腫瘍についてですが、これは真性白血病のことを言います。
まず現れる症状として、食欲がなくなる、貧血になるなどの症状が現れ始めます。
それに加えて全身のリンパ節がはれてきますから、おかしいと気がつくのではないでしょうか。

この骨髄性腫瘍の原因はネコの白血病ウイルスに感染したことが原因で発症することがとても多いといわれています。
骨髄性腫瘍は骨髄のどこにでも出来てしまいますから、どこでも発症しやすいのです。
真性白血病という名前でも知られています。
その症状は、元気や食欲がなくなるだけで、他に特に変わった特長というのはないので、なかなか気が付きにくいかもしれません。

しかし中では、肝臓、脾臓などが腫れてしまって、貧血になりやすく、全身のリンパ節もはれているような状態です。
骨髄性腫瘍にかかってしまうと、治療をしなければいけませんが、かなり症状画悪化してから病院に連れて行っていたのでは、もう手遅れになってしまうこともあります。
元気がないな、食欲がないなと思ったら、それだけで早めに病院に連れて行ってあげるようにしなければ、手遅れになって治療が出来ないこともありますから注意しましょう。
ネコの白血病も人間と同じで難病なのです。