猫(縦隔型リンパ腫)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の縦隔型リンパ腫の原因と症状

ネコの縦隔型リンパ腫はネコが発症する腫瘍の中では、血液系とリンパ系が多いのですが、リンパ系に当てはまる腫瘍です。
縦隔型リンパ腫は大体発症する平均年齢が2歳から3歳くらいとなっているので、比較的ネコでも若いねこが発症しやすい特長にあります。
主に前縦隔リンパ節、胸線などに多く発症する傾向にあります。体重がどんどん減っていき、食事も食べなくなり食欲不振の症状、そしてそれによって体力も低下していくのが特長です。

腫瘍が大きくなって肥大した場合には胸水もたまってしまい、肺が圧迫されることによって呼吸が出来なくなり、呼吸困難に陥ることもあります。
発症しているネコの中で3分の1から3分の2以上のネコが、猫白血病ウイルスにかかっていることがわかっています。
症状は他の病気の症状ともいえるような食欲不振や体重の減少などしかありませんが、元気も無くなってきますし、呼吸なども浅くなってくると思いますから気が付くと思いますので、異変が合った場合には早めに病院へ連れて行ってあげるようにしましょう。

腫瘍は放置しておくと、呼吸困難にもつながりますが、悪性の場合しにつながることになり、若くてまだ元気な猫が死んでしまうことになりますから、早めに病院へ行くようにしましょう。