猫(皮膚がん)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の皮膚がんの原因と症状

猫の皮膚の腫瘍についてですが、本来ならば体の中の細胞というのは規則ただしく分裂をしたり、増殖したりしていくのが正常な状態です。
ですが、細胞の遺伝子に傷が付いてしまって、更に異常な増殖を抑えるための遺伝子や傷を修復するための遺伝子が正常に機能しなくなるので細胞が規則を無視して異常に増えてしまうのです。
その結果に出来てしまった異常な組織が腫瘍であり、それが転移しやすく悪性になればガンになるのです。ガンになる原因は色々とあります。

細胞の中にある遺伝子異常でおきることもありますが、これらはすべて発ガンが原因です。年齢をとくに重ねているネコの場合には太陽の紫外線や放射線、ウイルスやホルモンなどが原因とされています。
そして皮膚がんは日光に当たった場合の紫外線に長期にさらされたことで皮膚が炎症を起こし、それが悪化したことからガンになるといわれています。
最初は目や鼻、耳の周りなどの顔の周りに小さい腫瘍が出来ることから始まるのですが、それが次第に顔全体に広がって、悪臭を放つようになります。

病変部が場合によっては出血することもあるのです。そしてその部分が壊死してしまうこともありますから、早めに治療しなければいけません。