猫(乳がん)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の乳がんの原因と症状

猫の乳がんというのは70%から90%が悪性であることが多いです。
リンパ腫などの造血系腫瘍と皮膚腫瘍の次に、とても発生率が高い腫瘍でもあります。
発症するのは1歳から2歳くらいの若い猫でも発症します。

傾向として不妊手術をしていない猫に良くあるといわれていて、乳せん腫瘍が発生する場所というのは特定できないのが特長です。
不妊手術をしていない猫に発症する確率が多いので、ホルモンの働きが影響を与えていることによっておきているのではないかといわれています。

猫の乳がんは肺にすぐに転移することも多いので気をつけなければいけません。
特に激痛を伴うなどの痛みなどもありませんから、大きくならなければ発見が遅れることが多いです。
日常生活の中で猫に触れる機会をおおくもち、ブラッシングをしたり、シャンプーをするなどして乳首の周りを触ってチェックするようにしておきましょう。
触ったときに硬いしこりがあるのがわかると思います。

乳がんの症状が進めば進むほど、最近に感染しやすく、患部が潰瘍を起こしてし合ったりして、出血があり、悪臭を放つこともありますからその場合は病院へいっても、すでに手遅れになることが多いので、早めに発見することがとても大切です。