猫(リンパ腫)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のリンパ腫の原因と症状

猫のリンパ腫はリンパ肉腫とも言われていますが、リンパ組織は病原体から自分の体を守るための免疫機能の中でも一番大切な働きをしていて、それがなんらかが原因で腫瘍になったことを言います。
猫の体の大切なリンパ組織が、例えば猫白血病ウイルスに感染したりして、腫瘍になってしまったのがリンパ腫なのです。
症状といては元気がなくなり、食欲も次第になくなっていきます。
猫によっては発熱があったり、体が衰弱していくなど、全身に症状が出てくることがあります。

また、発生している部分に、特徴ある症状が出てくるのも特長です。
消化器官に発生している場合には嘔吐をしたり、下痢をするなど、消火器症状画現れますし、腎臓に発生した場合には腎不全になることもあります。

他にも神経に発生してしまった場合には不全麻痺などになり、神経症状が出るなどの症状もありますから大変危険です。
猫のリンパ腫はリンパ肉腫という名前でも呼ばれています。
免疫力が低下してしまい、体に様々な影響がでてきますから、すぐに異変に気がついたら、早めに病院に連れて行ってあげるようにしましょう。
場合によっては死にいたる危険な病気でもありますから、大変危険な病気なのです。