猫(肝炎と肝硬変)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の肝炎と肝硬変の原因と症状

猫が肝炎にかかると症状としては、突然食欲がなくなり、脱水症状を起こします。
ひどい場合には下痢が続いたり、嘔吐を繰り返してしまうこともあり、発熱も伴います。肝臓の働きが異常に低下してしまいますから、人間同様黄疸が出て、白目や口の粘膜も、普段は白いのですが、黄色に変色していきます。
肝炎の原因は猫によっても色々ですが、ウイルスに感染したり、細菌に感染したことが原因であることが多いと言われています。また薬や毒にも注意しなければいけません。

家にねずみがいた場合に、殺虫剤を使ってねずみを殺そうと思っていて、そのねずみが殺虫剤を食べて、そのねずみを猫が食べることで、間接的に中毒症状を起こすことがあり、それが肝炎に発展します。
殺虫剤はとても危険ですから間接的であっても注意しなければいけません。

肝炎はそもそも肝臓の細胞が炎症を起こしている状態で、場合によっては変性して肝臓が壊死してしまいます。
悪化した場合には、肝細胞が繊維状になり、肝臓の働きが正常に機能しなくなってしまいます。俗に言う肝硬変はこのことを言います。
猫と人間を比べると肝硬変にはなりにくいのは猫と言われていますが、免疫が下がっていると肝硬変になりやすいので注意しましょう。