猫(腎孟腎炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の腎孟腎炎の原因と症状

猫の腎孟腎炎というのは腎臓の病気です。
ほとんど症状がありませんから、その病気にかかっているのかどうかをしっかりと気がつくことができません。
症状はほとんどないに等しいのですが、尿が少しにごったような色をしているとか、血尿があるといった場合には、注意しなければいけません。

腎組織から送られている尿というのは、通常腎杯を経由していて腎孟に集まる仕組みになっています。
そして集まったことで尿管に出るような仕組みです。
この部分が病原細菌におかされてしまうことで炎症が起きてしまうことが腎孟腎炎という病気なのです。


原因はですから病原菌に感染してしまったことが原因ですから感染しないようにする事が予防につながります。
腎や尿路感染症の中で一番重要な腎臓に発祥する病気です。

大腸菌や一般的な細菌によって腎孟などを含めた腎実質の感染症の一つに値します。
人間でも発症しますが人間の場合には女性のほうが圧倒的に発症率が高く30代に多いといわれている病気でもあります。
猫の場合にはオスメス関係はありません。
しかし妊娠がきかっけになって発症することもありますので、メスで妊娠しているときには注意してあげたほうがいいかもしれませんし、前立腺肥大にも注意です。