猫(膀胱炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の膀胱炎の原因と症状

猫の膀胱炎ですが、膀胱炎に1度かかってしまうとトイレに行く回数が増えたり、排尿姿勢をとるのですが、なかなか排尿できなくてうめくなどの症状があります。
いきみながら排尿をしようとするのですが、それがなかなかできず、トイレ以外でおしっこをしてしまったり、1回のおしっこの量があまり多くないとか血尿などの症状があります。

症状がひどくなった場合には、腰、おなかの部分を触るとそれだけで痛みが現れて痛がるということもあります。
猫の膀胱炎の原因は菌に感染してしまったことが原因になっていることがあります。
膀胱炎は暴行野中に入ったブドウ球菌、大腸菌などが増殖して炎症が起きているよう名状態です。

本当に稀ではありますが、寄生虫が原因になっていることもあります。
膀胱の中の尿結晶、尿結石なども原因になって膀胱の粘膜が傷ついて膀胱炎になるということもあります。
感染、尿結晶に関係なく発症することもあります。
関係なく起きるという場合には若い子供の猫によくあるといわれています。
自然治癒や再発しやすい病気ですが、はっきりとその原因がわかってないのが特長です。

尿をするときの猫の様子をよく見ておくようにして異変を感じたら早めに病院に連れて行きましょう。