猫(子宮蓄膿症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の子宮蓄膿症の原因と症状

猫の子宮蓄膿症は子宮の中に膿がたまってしまう病気です。
猫の中でも5歳以上の猫に良く見られるのですが、若い猫でも発症することがあります。
高齢のメスの猫でもし、元気がなくなって、食欲もない、水を沢山異常なくらいに飲んでいると言う場合には注意しましょう。
また陰部から出血しているとか、膿が出ている場合にも子宮蓄膿症の可能性がありますから早めに病院に連れて行くようにしましょう。
これらの症状がある場合には子宮蓄膿症が疑われます。

発情した後に細菌が子宮の中に入ってしまって、子宮の中で菌が増殖して起きると言うことがとても多いのが現状です。
特に卵巣ホルモンの分泌が悪いと発祥しやすいと言われています。
なぜ子宮蓄膿症になるのかと言うと、原因として、大腸菌やサルモネラ菌、ブドウ球菌などにかかってしまうと言うことが原因です。

大量に生みがたまっている場合には、陰部から出るだけでなく、おなかが膨らんで見えることもあります。
沢山の例を見てみると、共通して言えることとして水を沢山飲んだり、尿が沢山出るという症状です。
ですから猫がなんだか水を良く飲むなあと感じたり、尿の量が増えたと思ったら要注意です。

子宮が破れていて、膣野中に細菌が漏れ出している場合には腹膜炎につながることもありますし、腹膜炎になると、あっという間に死に至ることもあるので要注意です。