猫(子宮ガン)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の子宮ガンの原因と症状

猫の子宮がんですが、子宮にできる腫瘍です。
卵巣の腫瘍の場合には卵を作る卵胞に、腫瘍ができた場合には50パーセントの確率で悪性になると言われています。
子宮の腫瘍の場合には悪性のガンになるケースがほとんどです。
子宮から、卵巣へ、そして肝臓やリンパ系に、脳細胞にまで転移してしまうことも多く、もし転移を繰り返してしまった場合には手遅れになってもう治療ができないこともあります。

症状としては子宮腫瘍には出血が見られることが多いです。
乳腺にできる腫瘍と同じで、発情期がはじめて来る前に、避妊手術をしておけばほとんど発症しませんから予防が可能です。
卵巣や子宮、乳腺は女性ホルモンの影響を受けやすい場所でもあります。

何らかの女性ホルモンのバランスが崩れてしまったことが原因で、それぞれの部分に、腫瘍ができてしまうと言うことが多いのです。
猫の子宮がんも、人間の子宮がんと同じで、早期発見が治療の大きな鍵となりますから、放置しておいては命の危険にもさらされるので注意が必要です。

放置しておいた場合、命にかかわることもありますし、手の施しようがない状態になってしまい、猫が苦しむ姿を見ることになりますから注意が必要なのです。