猫(膀胱の腫瘍)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の膀胱の腫瘍の原因と症状

猫の膀胱の腫瘍ですが、膀胱の腫瘍はその名のとおり、膀胱に腫瘍ができてしまった状態を言います。

高齢になるとごく稀なのですが、膀胱腫瘍を起こしてしまう猫がいるのです。

膀胱の中に腫瘍ができてしまうと、他の部分にできる腫瘍と違って、表面がとてもただれやすくなってしまいますし、とても過敏になってしまうことがありますから、膀胱炎の症状のような状態が出てきます。

膀胱腫瘍の場合には悪性移行上皮ガンといって膀胱ガンになり悪性であることがとても多いです。

確率的には悪性のガンであることが多いと覚えておくといいでしょう。

根本的に治療をして完治させると言うことは難易度が高くて、あまりないことですが、化学療法をしたり、外科的な手術を行なうことで、まったく完治させることが無理と言うわけではありません。

最近ある種の化学療法で、ある程度なら効果があると言うことも研究ではわかってきています。

尿の回数が増えて、尿を見ていると血尿が出ている、膀胱炎にとても似ている症状画現れていることもあります。

最初の段階では他の消化器系の病気かもしれないと思ってしまうのですが、その病気の治療をしても効果がないときに、膀胱腫瘍かもしれないと言う診断につながります。

【オススメサイト】
大切な猫ちゃんが病気にならないよう、普段から家の掃除をしておきましょう。
どうしても自分でできない場合は、島根 ゴミ屋敷整理といった不用品回収業者もあるので、困った時には依頼してみて下さい。