猫(気胸)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の気胸の原因と症状

猫の気胸は肺、気管にある胸膜に、何か原因があって、穴が開いてしまい、胸腔内に空気がたまってしまうと言う病気です。そうなると肺は正常に働かなくなり、通常、伸縮するのですが、その場所が空気によって占領されてしまいますから、呼吸をする事が困難になってしまいます。猫の気胸の原因の多くは、他の猫とけんかをしたとか、じゃれあった際に、傷が出来てしまったとか、高い場所から落ちてしまい、そのときに胸を打った、交通事故にあうなど、外からの傷が一般的です。肺炎、気管支炎など、呼吸関係の病気にかかっていた事が原因で、肺や胸の壁が普段より弱っているときに、咳を激しくした事で、穴が開いてしまうというケースもあります。

よくある症状としては、呼吸困難以外に、よだれが大量に出る、胸を痛がって運動困難になってしまう、胸を触ろうとすると嫌がるなどの症状が一般的です。怪我をした場合や瑕がある場合には、涎に血が混じっている事もありますし、吐血して倒れる事もありますから、これらの症状が現れた場合には気胸を疑ったほうがいいでしょう。

かなり呼吸困難で苦しがる症状を目の当たりにしますから、飼い主はすぐ二機が付くと思いますが、早めに病院へ連れて行きましょう。