猫(下部尿路症候群)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の下部尿路症候群の原因と症状

猫の下部尿路症候群ですが、尿道に石が詰まってしまう、膀胱が傷つくと言った病気です。
尿の出が当然悪くなってきますし、トイレに行く回数も増えてしまいます。
尿道に結石がたまっている状態なのですが、結石がたまった状態になっている、猫はどうなるのでしょうか。

それは急性腎不全になったり、尿毒症の症状が出始めます。
猫は体の中の水を再利用していますから、他の動物に比べると尿を濃縮してしまいやすい動物でもあります。
尿を濃縮してしまう動物ですから、結晶もできやすいので、結石ができてしまうのです。
それだけでなく、原因は食事にもあります。

食事によって猫の体質が変わってしまうことが、下部尿路症候群の原因の一つになる可能性もあります。
食生活に健康にとても影響を与えますから、下部尿路症候群にならないようにしていかなくてはいけません。
一度かかると癖になって、何度も発症してしまいますから飼い主は気をつけるようにしてあげましょう。

食べ物を見直して猫を健康な状態にしてあげることもとても大切なことです。
すぐできることですから予防の意味をこめてしっかり対処してあげましょう。
猫の下部尿路症候群は見ているととてもかわいそうですから予防が大切です。