猫(腎炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の腎炎の原因と症状

猫の腎炎は腎臓の糸球体が炎症を起こすことで発症する症状の病気です。
鼻炎の症状や咽頭炎、また上気道感染があったあとに発病することが多いです。
とても風邪に似ている症状ですから、最初は長引く風邪だと思っている人も多いのが特徴で、しばらく風邪に似た症状が続きます。

そして血尿が出たり、体にむくみが起きたり、高血圧になったりして、風邪以外の様々な症状が現れるのが特徴です。
猫の腎炎と言うのは免疫が自分自身の腎臓に対して、攻撃したことによって様々な症状画起きるのです。

この種類の腎炎は簡単にどんな猫でも発症しやすく、症状もそれほどひどくはないのですが、糸球体腎炎と言う症状になってしまった場合には症状が軽かったとしても、腎臓自体が病変したままになってしまいます。
腎炎の症状はシレントキラーといわれているほど、ほとんど自覚症状や他から見て症状画わからないことが多いのが特徴です。
そのために原因を追究するのもとても難しいのです。
腎不全が起きていると、ネフローゼという状態になります。
ネフローゼとはどのような状態なのかというと、体がむくんだり、腹水がたまるなどの症状があります。

ネコの腎炎じたい、それほど症状がないというのが大きな特徴として言えることです。