猫(尿毒症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の尿毒症の原因と症状

猫の尿毒症は腎臓の機能が働かないようになってしまうと、本来ならば尿により体外に出るはずの老廃物などが体にたまってしまいます。
そのことから食欲がなくなったり、嘔吐や下痢、歩くときにふらふらするなどの症状画現れてしまいます。
また体温が下がったり、痙攣が発症することもあります。

尿毒症は腎不全になった結果的に尿毒素が体外に排出されず体の中にたまってしまう症状です。
尿毒素はクレチニン、窒素化合物などがありますが、神経、循環器、消火器、血液など、体のほとんどの器官に影響が出てしまうのが特徴です。

緊急で治療をしなければいけませんから入院が必要です。
入院をして大量に水分を補う治療が行なわれます。
そのことにより尿毒素の原因になっている窒素化合物と尿を一緒に体外に排出できます。
場合によっては猫も人間と同じで血液透析をしなければいけないのですが、血液自体が猫は少ないですから貧血になることもあります。

体の中に排出されるべき毒素がとどまってしまうと言うことはとても大変なことであり、それは結果的に、体の様々な部分に影響を与えてしまい、最悪の場合には死に至ることもあるので注意が必要です。
早めに異変に気が付いてあげることがとても大切なことにつながります。