猫(急性腎不全)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の急性腎不全の原因と症状

急性腎不全は猫の腎臓が急に機能しなくなる病気です。
腎臓が急に働かなくなる病気は腎臓自体に原因や問題があっておきていることも多いのですが、オスの猫の場合には尿石症なども併発していることもあります。
それによって猫の尿が出ないこともあるデス。
尿は作れても排出させることができないので、だんだん腎臓に影響が出てきて症状画現れてしまうのです。

何か原因があって腎臓の中の血液の量が減ってしまった場合には腎臓が血液を上手に濾過しなくなってしまいますから、それによって腎不全になることもあるのです。

脱水症状が見られて口の中が乾いているときや、大量に水を飲んだとしてもすぐに吐いてしまったり、尿の量が多いという場合には急性腎不全になっている可能性を疑うのがいいでしょう。
この状態が長く続いてしまった場合には水分だけ出なく、栄養まで流れてしまいますから、体重もどんどん減ってしまい、抵抗力まで落ちてしまうのです。
しかし症状がそれほど重くないという場合には、適切な治療を受ければすぐに治るのでそれほど心配入りませんから安心してもいいでしょう。

しかし症状が重い場合には1度の治療では治りませんし、場合によっては命にかかわることもありますから注意しなければいけません。