猫(トキソプラズマ症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のトキソプラズマ症の原因と症状

猫のトキソプラズマ症と言う病気はトキソプラズマ原因で発症している病気です。
トキソプラズマというのは微生物に感染することで発症する病気なのですが、感染した猫がすぐに症状を起こすとも限りません。

ほとんどのケースで慢性化している状態で症状が出ることのほうが多いのが特徴です。
慢性的な症状としては、下痢がとにかく長引いていることです。
下痢があまりにも長引くことや体の一部分が麻痺してきたり、運動ができなくなるなどの症状があります。
トキソプラズマと呼ばれる微小生物はねずみや豚、鳥類などにも感染します。

その感染した生物を捕食したら感染してしまいます。
人間にも場合によっては感染することもありますから注意しなければいけません。

猫のトキソプラズマ症は感染症の中でも怖い病気です。
初期の症状として一過性の下痢が見られたりしてその後は健康そうに見える猫もおおいです。
ですが、小さい猫が感染してしまうと、ウイルス感染を引き起こしたり、全身に何らかの影響が出る病気にかかり、免疫力が低下してしまう猫がかかると更に悪化してしまいます。
猫も人も妊娠中に初めてトキソプラズマに感染した場合には流産につながることもありますし、子猫や子供に障害が出ることもあるので注意しましょう。