猫(猫汎白血球減少症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の猫汎白血球減少症の原因と症状

猫の猫汎白血球減少症は猫パルボウイルスが原因で引き起こされます。
軽い症状の場合には吐き気、下痢と言った症状だけで済むのですが、重症になった場合には熱が出たり激しく嘔吐したり、血液交じりの下痢が出ることがあります。
こうした場合には猫が脱水症状にならないようにするためにも水分を摂取させなければいけません。

一般的にウイルスは、生態から排出されれば急激に活力を失い、感染力が長期間保持されることはないのですが、このパルボウイルスは猫の便、糞などで体の外に排出された場合はなんと半年も感染力があるほど有力なのです。

普通は経口的にウイルスを摂取して感染してしまうのですが、ごく稀に子宮感染が原因で起きることもあり、赤ちゃんが流産したり、死産、奇形などがあり、運動失調がある場合もありますし、失明することもあります。

猫汎白血球減少症は放し飼いをしている場合や多頭飼いをしている場合に多く発症して、猫が集団で生活をしていると言う場合には、かなり高い確率で感染してしまうとも言われているのです。
コロナウイルスに感染したら、離乳して間もない子猫の場合には微熱、下痢、嘔吐の症状がありますが、大人の猫の場合には軽い下痢だけで症状が治ることもあります。