猫(伝染性腹膜炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の伝染性腹膜炎の原因と症状

猫の伝染性服舞う炎はFIPと呼ばれていますが、腹水がたまったり、中枢神経が正常に動かなくなる病気です。
伝染性腹膜炎ウイルスに感染したことが原因ですが、必ずしも感染したからといって発症するとも限りません。
発症してしまうと完治が難しいと言われている大変危険な病気でもあります。

種類は二つの種類に分けられ、ウェットタイプ、ドライタイプがあります。
発熱、食欲低下、嘔吐、下痢といった症状が見られるのが一般的で、だんだん体重が減っていきます。
ウェットタイプとドライタイプがありますが、ウェットタイプのほうが発症率が高いです。

腹膜炎、胸膜炎などの症状があり、腹水、胸水などがたまってしまうのが特徴です。
おなかの周りが膨らんでいたり、呼吸困難の症状がありますし、ドライタイプは、ウェットタイプと同じで発熱、食欲不振もありますが、それ以外にも中枢神経系の炎症があるので、それによって麻痺が起きたり痙攣したりします。

行動異常が起きて神経症状が出ることもあります。
他にも目に症状が出る猫もいます。
原因は猫コロナウイルスの種類の一つ、猫伝染性腹膜炎ウイルスに感染してしまったことが原因です。
このウイルスは感染した猫の唾液、鼻水、涙、糞尿にも含まれていて、感染した猫に触ったり、けんかをしたりすると別の猫にもうつります。