猫(クルプトコッカス症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のクルプトコッカス症の原因と症状

猫のクルプトコッカス症は、アレルギーに近い症状がでます。
まずクルプトコッカスというのはカビの種類の一つです。
鼻の病気で、くしゃみや鼻水が出たり鼻炎によく似た症状が出るのが特徴です。
この症状画進行してしまうと皮膚炎を発症してしまい、硬いしこりが皮膚にできると言う特徴的な症状があります。

一般的には空気中に浮遊している少しの量のクルプトコッカスを吸い込んでも、猫の場合には発症はほとんど見られませんが、普通の猫ではなく、猫白血病にかかっていたり、エイズなどウイルスに感染していると言う猫の場合には、免疫力が低下していると言うこともあり、発症しやすい状態にあると言われているのです。

このクリプトコッカスと言う菌を鼻や口から吸い込むと発症しますが、この菌は主にハトの糞便に沢山存在していると言われていますから、ハトを介していろいろな場所に運ばれてしまいます。
ハトの糞便に汚染されている土の周りにこの菌が存在しているのです。
ですからクリプトコッカスに冒されている場所で普段過ごしている猫は、とても感染しやすい状態であり、それは発症率が高まることにもつながります。

猫免疫不全ウイルス、猫白血病にかかっていたり、リンパ腫や糖尿病にかかっているなど、猫が他の全身病にかかっていると言う場合には、一般的に健康な猫より発症率が高いでしょう。