猫(白血病ウイルス感染症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の白血病ウイルス感染症の原因と症状

猫の白血病ウイルス感染症はエイズウイルスの症状にとてもよく似ているのが特徴です。
猫のエイズウイルスの症状と何が違っているのかと言えば、本来なら病原菌を攻撃するための正常な白血球が少なくなっていると言うことが違いとしてあげることができます。
感染経路はほとんどの場合が主に猫同士のケンカが原因と言われています。

けんかをするときに接触をすればそれによってほとんどの猫が必然的に感染すると言われてます。
具体的にはどのような症状が現れるのかと言うと、症状として、子猫、若い猫が突然、昨日まで元気だったのに、元気がなくなって熱が出る、リンパが腫れる、下痢をする、鼻水をたらすなどの症状画見られた場合には注意しましょう。
猫白血病ウイルスに感染している可能性があるのではないでしょうか。
もし感染していると言う場合には感染してから一ヶ月前後で、症状が現れます。
とても激しい貧血、白血球が減少してしまう、血小板が減少するなど様々な症状画現れてきます。

ウイルスは感染している猫の血液、唾液、尿に含まれていることが多いのですが、ほとんどの猫は感染している猫の分泌物から他の猫の移すという可能性があります。
ケンカをしてかみ合った傷と言うのはかなり高い確率で、白血病ウイルス感染症の感染を招きます。
他にも胎盤からの胎児への感染や垂直感染、母乳からの感染なども特徴です。