猫(エイズ)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のエイズの原因と症状

猫のエイズは免疫不全ウイルス感染症と言われています。
ウイルスはほとんどの場合が唾液に含まれていますから、感染している猫とけんかをしたり噛み付いたりした傷から、感染することが多いです。
グルーミングをしているときにうつるということはほとんどなく、同居している猫とのグルーミング、感染している親猫と子猫のグルーミングではうつることはほとんどないといわれています。
人間のエイズといえば性交渉をすることでうつると言われていますが、猫の場合には交尾によって感染することはほとんどありません。

親猫のどちらかが感染していても子猫に感染することはほとんどありません。
猫エイズが発症すれば、人間のエイズと同じで、免疫が働きませんから、だんだん機能が低下してしまってからだの免疫力は低下します。
抵抗力も下がり、病気にかかってもなかなか治らないとか、怪我が治りにくい、体重が減ってしまうなどの症状が現れます。
下痢や肺炎になることもあり、リンパの腫れなどが見られることもあります。
ほとんどのネコの口の中に口内炎が見られたり、歯肉炎が見られるなどの症状画現れることがわかります。

口腔疾患が目に付くのです。
貧血や慢性的な鼻炎、腸炎、結膜炎なども出てきて色々な病気が併発することもあり、末期になれば死にいたってしまいます。