猫(猫ウイルス感染症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の猫ウイルス感染症の原因と症状

猫のウイルス感染症を紹介します。

この病気はウイルス性呼吸器感染症とも言われています。

種類は色々とあって、数種類あるのですが、中でも一番有名なのは、ネコカリシウィルスによって発病するものと、ネコヘルペスウィルスによって発病するものがとても欲発症しています。

この二つの症状としてほとんど同じ症状なのですが、感染してしまうと、鼻炎の症状画現れるのが一番の症状です。

鼻炎の症状としてくしゃみ、鼻水、喉の炎症、咳などの症状が見られます。

症状が軽いと言う場合には特に治療をしなくても、放っておけば3-4日くらいで治っているのですが、悪化することもあります。

また生まれて間もない猫の場合には治療をしなければ大変なことになります。

風邪に似た症状でいってみれば人間で言うところの風邪といっても過言ではありません。

ウイルス性の場合には一度でもネコ風邪に感染してしまったら回復してからも、ウイルスが神経細胞の中にとどまり、キャリアになっていることがあります。

ですから、ネコの免疫力がしだに衰えていき、また再発することもありますから注意しましょう。

一度よくなったとしても、また再発することはあるのです。

症状が軽い猫は自然回復が期待できますが、衰弱がひどくなって命にかかわることもあるので注意しましょう。

≪オススメサイト≫
猫ウイルス感染症にならないために、ハウスダストにも注意が必要です。
普段から片付けすればハウスダストはたまりません。

自分で片付けしてもいいですし、自分では何ともならない片付けは自治体や鹿児島 ゴミ屋敷整理にお任せしちゃいましょう。