猫(アナフィラキシー)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のアナフィラキシーの原因と症状

猫のアナフィラキシーはアナフィラキシーショックとも言われていますが、アレルギー反応によって過剰に反応してしまっている状態です。
動物というのは自分の体内にない抗原や異物が体の外から入ってきた場合には、それを体の外に出そうとして、体の中で打ち消そうとします。
打ち消すために体内に抗体を作るのです。

ですが、抗体ができてから、もう一度抗原が体の中に入った場合にはショック状態を起こしたり、呼吸困難になったり、嘔吐、下痢、失禁、よだれなどが出ることがあります。
低血圧になり体に痛みやかゆみを感じることもあります。
これは猫に限らず人間にもある症状です。

こうなると最悪のケースでは死んでしまうこともありますからとても大変な症状です。
例えばスズメバチに刺されると1度刺された人は2度目に刺されると死にいたるといわれていますが、それと同じです。

最初の1回目よりも2回目のほうがアレルギーの症状は沢山出てしまうのです。
そばアレルギーみたいに、食べ物が原因でアナフィラキシーを起こすこともあります。
ワクチン、薬物でアナフィラキシーショックが起きることもありますから注意が必要です。
猫に症状が出たらすぐに異変に気が付くことが重要です。